白澤抗加齢医学研究所 ~ 長寿遺伝子研究の白澤卓二 ~

長寿遺伝子研究の白澤卓二
著書紹介
著書紹介TOPへ戻る
階段を「下りる」人はなぜ寝たきりにならないのか?
NEW
階段を「下りる」人はなぜ寝たきりにならないのか?
白澤卓二
定 価 ¥1200(税別)
発売日 2019/4/18
出版社 小学館集英社プロダクション
本の紹介
認知証の権威から。次の一手!
「転ばぬ先の杖」になる本。

加齢とともに筋肉は衰えますが、特に「速筋」が衰えていきます。
速筋は、転びそうになったときにグッと踏みとどまる力を出すので、転倒防止に役立ちます。
この速筋、実は歩くだけでは鍛えられません。
「階段を下りるときは、あまり疲れないから大した健康効果はない」と思うのは、誤りです。

足腰だけではない!階段を「下りる」効果
□ 成長ホルモンが分泌されて若々しくなる
□ 体の酸化(老化)を防ぐ
□ 糖尿病を予防する
□ 脳の老化を防止する
□ 血流アップで全身が健康に
目次紹介
はじめに  
  寝たきりを防ぐためには、転ばないことが大事
階段を「下りる」ことで、転びにくくなる
第1章 なぜ階段を「下りる」といいのか
  家に閉じこもっていると死が近づいてくる
日常生活の動きは思っている以上に複雑
あなたの脚は大丈夫?簡単なテストで筋力をチェック 他
第2章 実践!階段の「下り方」
  階段の下り方のポイント(1)拇指球で階段の面を踏みしめる
階段の下り方のポイント(2)下りやすい階段を使う
階段の下り方のポイント(3)ゆっくり下りる 他
第3章 足腰だけではない!実はスゴイ、階段を「下りる」効果
  成長ホルモンが分泌されて若々しくなる
DHEAが体の酸化を防ぐ
DHEAは免疫力・記憶力アップにも役立つ 他
第4章 階段を「下りる」効果を高める健康習慣
  生きがいを持つ
次の一歩のことだけを考える
「下りる」だけじゃない!速筋を鍛える日常の動き 他