白澤抗加齢医学研究所 ~ 長寿遺伝子研究の白澤卓二 ~

長寿遺伝子研究の白澤卓二
著書紹介
著書紹介TOPへ戻る
図解-名医が教える-病気にならない最強の食事術
NEW
図解-名医が教える-病気にならない最強の食事術
監修 白澤卓二
定 価 ¥900(税別)
発売日 2018/8/7
出版社 扶桑社
本の紹介
がん、心疾患、脳卒中、認知症、肥満は自分で防ぐ!
Dr.白澤が説く「病気にならずに健康寿命を延ばす食事術」決定版!

~医学的根拠に基づいた最新の食事法を紹介~
≪パン+オリーブオイル≫ 血糖値の急上昇を防ぐ
≪ブロッコリー+ごま≫ 脳機能の低下を抑制
≪パプリカ+グレープフルーツ≫ しみ・そばかすを撃退
≪コーヒー+ミックスナッツ≫ 脂肪を燃焼させる

~命を守る 食の新常識~
むやみな減塩はかえって体に悪い
「一日30品目食べる」は多すぎる
卵は一日2、3個までOK

~健康長寿になれる最強の7か条~
第1条 朝の野菜ジュースは定番にすべし
第2条 加工食品の摂取は極力減らすべす
第3条 発酵食品は積極的に食べるべし
第4条 食事はまず野菜から食べるべし
第5条 よく噛んでゆっくり食べるべし
第6条 腹七分目を目安に食べるべし
第7条 外食時はルールを決めて食べるべし

超高齢社会の日本において、病気にならずに健康長寿(健康で自立した生活を送ることができる状態)を実現することは大切。
それには食が大きく関係しており、「健康寿命を延ばす食事」を取り入れ、「健康寿命を縮める食事」をいかに減らすかが健康長寿のカギ。食を見直し、健康で長生きできる体を手に入れましょう。

目次紹介
はじめに  
  ・キッチン・ルネッサンス・トゥ・江戸時代
・平均寿命は延びていても健康寿命との差は広がっている
・糖化によって生まれるAGEs(エージス)が老化に拍車をかける
・腸内環境が悪いとよい食事をしても意味がない
・健康長寿になれる最強の7か条
Part1 命を守る食の新常識! いままでの常識を見直す正しい食事術
  ・糖質の摂りすぎは記憶力を低下させる ・コレステロール値は食事では変わらない ・むやみな減塩はかえって病気を招く 他
Part1 厳選! 名医が教える「命を守る最強の食材12」
  ・トマト⇒リコピンの抗酸化力でがんを寄せつけない
・ブロッコリー⇒発がん物質を解毒するスルフォラファン
・りんご⇒ペクチンが肥満を防ぎ、血管を強化 他
命を守るコラム 一日5杯の緑茶ががんを遠ざける
   
Part3 組み合わせが大切! 「食材・食品の足し算」で体の不調を未然に防ぐ
  病気にならないための食材・食品の足し算
・トマト+オリーブオイル=活性酵素を抑える
・味噌+わかめ=高血圧を抑制する
・コーヒー+ミックスナッツ=脂肪が燃焼して太らない 他

老けないための食材・食品の足し算
・鶏肉+レモン=骨を丈夫にし、寝たきりを防ぐ
・レモン+はちみつ=薄毛・抜け毛を防止
・じゃがいも+アーモンド=美肌効果が倍増する 他

認知症にならないめの食材・食品の足し算
・いわし+アーモンド=記憶力がアップする
・鮭+チーズ=脳の老化を防ぐ
・芽キャベツ+アンチョビ=認知症を予防する 他

じつはやってはいけない!危ない地獄の食べ合わせ
Dr.白澤に聞きました! 健康長寿になるための健康常識のウソ?ホント?